主宰者プロフィール

土岐山協子(ときやまきょうこ)と申します

戦後70年をかけて崩れつつある日本の食文化を立て直すための事業をして行く志を30歳の時に抱き、平成26年10月1日に、「おだしプロジェクト」を立ち上げ、沢山の団体様と連携しながら、食の大切さを伝える活動をしております

「愛情料理研究家」という肩書きで、母親が愛情を持って子どもの料理を作ることの大切さも、様々な角度から発信させていただいております

わたくし達は自分の口に食が届くまで様々な方の苦労があったことを忘れてはならないと思います

食文化を見つめ直すことは身体の健康を考えることは元より、そこから感謝の気持ちと謙虚な心を身に付けることに繋がります

まずは母親となる女性からそのことを意識して取り組む必要があると思います

感謝の気持ちと謙虚な心を持つ女性は美しい
そういう女性が増えれば増えるほど日本の国力は上がると心から思っております

皆さんのお力が必要です
どうか宜しくお願い致します

土岐山協子拝