皆さまこんにちは

皆さまこんにちは
おだしプロジェクト事務局です

村井悦子札幌支部長考案の「えっちゃんの八方だし」
沢山の方が八方だしを作ってくださいましたようで

「もう我が家になくてはならない調味料です」

「料理の腕が上がったねと褒められました」

等のメッセージが事務局に寄せられております
とても嬉しいです
ありがとうございます

料理が苦手だったという方のお話を聞くと
「おかずを何品も作らなくてはいけないと思ってプレッシャーだった」

「忙しいのでレトルトに頼らなくてはと大量に買い込んでいた」

など、決して苦手だったのではなく難しく考えていただけ、という方が多いようでした

そして色々と添加物が入った調味料は素材との調和がうまくいかず味がなかなか決まらないこともしばしばですので、それが「こんなちきちんと作っているのに家族が喜ぶ味にならない」というお悩みにも繋がっているようです

「えっちゃんの八方だし」は
・醤油(遺伝子組み換えでない丸大豆とミネラルを含んだ塩を使って発酵熟成させて作られているもの)
・本みりん(みりん風調味料ではない)
・砂糖
・昆布
・鰹節

のみで作られています

おだしの味がかなりきいていますため、八方だしだけで美味しいおかずが出来上がります

今回はおかずの代表ともいえる
「肉じゃが」のご紹介です

【材料】
豚バラ肉 200g
じゃがいも 大3個 または 中5個ぐらい
人参 1本
玉ねぎ 1個
糸こんにゃく(お好みで なくても可)
八方だし大さじ4〜6

【作り方】
①全ての材料を適当な大きさ切り鍋に入れる

②材料がかぶるぐらいのひたひたの水と八方だし大さじ4を入れる

③ふたをして20分中火で煮る

④火を止めて味をみる
薄かったら八方だしを大さじ1から2足してそのままふたをして置いておきます
お好みで八方だしの量は調節されてください

材料を入れて、八方だしで煮るだけの簡単肉じゃが
おだしの味がきいて美味しいです

時間をかけて丁寧に作った八方だしさえあれば、日々の料理がこんなに簡単に
もっと日本文化であるおだしの持つ味の力に頼っていいと思います(^^)

八方だしはお友達同士でわいわいと作ったら楽しいです
まだ作られていない方は良かったらチャレンジしてみてくださいね

他にもきんぴらごぼう、煮浸し、ぶりの照り焼き、豚の生姜焼き、里芋とイカの煮物など、八方だしだけでよい料理が沢山あります

またご紹介させていただきます

皆様あけましておめでとうございます

皆様あけましておめでとうございます

おだしプロジェクト事務局です

おだしプロジェクト初出汁は、真昆布と本枯節でとりました一番出汁

地方によって、各家庭によって
「これが一番美味しい」と思うお出汁の味は違います

そして出汁のもとになる昆布や鰹節や椎茸や煮干しは、種類分けされているものの、一つとして同じものはありません

人もまた同じで一人として同じ人はおりません
みんなそれぞれが違う素晴らしいお出汁の味を持っています

お出汁の素晴らしさは、どんな食材の味も殺すことなく、むしろ素材の良さを引き出すところにあります
良さを引き出すから「お出汁」というのかもしれませんね

それぞれの違いを認めてお互いの良さを引き出すような味わい深い一年を過ごすことをおだしプロジェクトスタッフ一同の今年の目標としたく存じます

皆様にとりましてもよきお年になりますよう
おだしプロジェクト一同、心よりお祈り申し上げます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

おだしプロジェクトスタッフ一同