【八方だしを作ってみませんか】

【八方だしを作ってみませんか】

皆様こんにちは
おだしプロジェクト事務局です

今日はおだしプロジェクト札幌支部長村井悦子さんの
「えっちゃんの八方だし」のレシピをご紹介致します

八方だしとはその名の通り、八方に(幅広く使える)万能調味料です

市販のめんつゆを使うように気軽にお使いいただけます

こちらのレシピでだいたい1800cc(一升)の八方だしを作ることができます

《材料》
・利尻昆布50g(あとから使いやすいのとだしが出やすいので利尻をお勧めしていますが、お好みで)
・水1000cc(昆布の戻し水)
・鰹節100g(手で揉んで粉々にしておくと、漉した時にふりかけにしやすいので粉々にしておくことをお勧めしています)
・みりん500cc(みりん風調味料ではなくみりんをお使いください)
・砂糖100g(とくに指定はありません。甜菜糖などでも)
・醤油1000cc(丸大豆醤油をお使いください)

《道具》
・3リットル〜のサイズの鍋
・ボウル
・濾し器またはザル
・菜箸
・おたま
・漏斗(瓶に移し替えるときにあると便利です)

《作り方》
①1000ccの水を入れた鍋に昆布を50g入れて一晩おきます
②鍋を強火にかけて一度沸騰させます
沸騰したら弱火にして30分コトコト煮ます
③みりんを500cc入れたら再び強火にして沸騰させます
④5秒ぐらい沸騰させたら、火を止めて砂糖100gを入れます
火を止めないと砂糖を入れた時に吹きこぼれる恐れがあります
⑤再び火をつけて強火にし醤油を1000cc入れます
⑥5秒ぐらい沸騰させたら昆布を取り出します(この昆布美味しいです。捨てないでくださいね)
⑦鰹節100gを入れて5秒ぐらい沸騰させたら火を止めて蓋をせずに冷まします
⑧ザルで濾して瓶に移し替えます

冷蔵庫で2、3カ月は保存可能です

使い終わった昆布は、そのままお味噌汁の出汁取りにもお使いいただけますし、刻んでごはんのお供にしても、結び昆布にして煮物として炊いてもいいです
佃煮にもできます

濾した後の鰹節はそのまましっとりふりかけに
山椒とあえたり、クリームチーズと混ぜたりと色々お使いいただけます

八方だしを使ったレシピも札幌支部長が適宜ご紹介していきます

八方だし、お友達と一緒に作ってみませんか