6月14日に札幌市内の『浪花亭』さん主催によります「おだしプロジェクト札幌」が開催されました

6月14日に札幌市内の『浪花亭』さん主催によります「おだしプロジェクト札幌」が開催されました

子ども達がお米をといで炊飯をし、鰹節を削り、だしをとって味噌汁を作り、キャベツを刻んで塩もみをして浅漬けをつくりました

「返事は大きな声ですること」

「大人に対しては必ず敬語を使うこと」

という約束を守りながら一生懸命調理をした子ども達のつくったご飯の美味しかったこと

「食べることは生きること」

食べ物に感謝をし、食べる物を作ってくれた全ての人に感謝をすることが豊かな人生に繋がることを学んだ子ども達

鰹節を削ったそばから笑顔で口に運ぶ姿が印象的でした

そしてスペシャルゲストは『日本一の学校給食』で著名な置戸町教育委員会の佐々木十美さんでした

今回「おだしプロジェクト札幌」を主催してくださいました村井ファミリー、本当にありがとうございました

おだしプロジェクト事務局です

おだしプロジェクト事務局です

おだしプロジェクトでは「だし活」を推進いたしております

例えばついつい飲み過ぎてしまう会社でのコーヒーを

一杯だけ味噌汁に変えてみてはいかがでしょうか

おだしプロジェクトでは、ミニ鰹節削り器で削った鰹節と、お好みの味のお味噌を湯のみやマグカップに入れて、お湯を注ぐだけの簡単味噌汁をお勧めしております

もちろん、無添加のだし粉などを使われても宜しいかと存じます

だしの味は「病みつき成分」が入っていると言われております
身体にとても優しい「おだし」なら病みつきになっても安心ですね

味噌汁は日本の誇る発酵食品です
私達日本人の身体と心に元気を与えてくれます