陶芸家の大藪龍二郎先生が、おだし教室用の土鍋とだし取り鍋をご寄付くださいました

陶芸家の大藪龍二郎先生が、おだし教室用の土鍋とだし取り鍋をご寄付くださいました

土鍋は炊飯もできるように内蓋が
さらには野菜蒸し用の台座もついています

だし取り鍋はだしが取りやすいようなつくりになっております

こちらはもはや芸術作品なので火にかけることはためらわれますが、大藪先生が「器は使われてこそ生きる」と仰ってくださいましたため、有難くおだし教室で使わせていただきます

「器は使われてこそ生きる」
きっと人も同じで、誰かの役に立ってはじめて充実した人生を送ることができるのではないかと、大藪先生のお言葉を聞いて思いました

大切な人を思いながら思いのこもった道具でおだしをひいて、美味しい味噌汁を作ったら
きっとその味噌汁を飲む人は幸せな気持ちになると思います